福祉施設の老人ホームの医療について

バナー

福祉施設の老人ホームの医療について

福祉施設の老人ホームなどの医療は、それぞれの事業所や事業種別、施設の状況などによって対応方法が異なります。

事業所や施設を設置する法人が診療所や病院を設置している場合や施設に併設している場合、協力医療機関との連携、事業所や施設に配置する医師や看護師などの配置状況によって異なります。



施設の設置および運営に関する基準では、医師は常勤または非常勤、嘱託での配置が定められ、看護師は入所定員によって配置基準が決められています。


また、介護保険制度上の特別養護老人ホームにおいても、医師の配置や看護師の定員に対する配置基準が定められています。

老人ホームなどは、病院と異なり生活の場ですが、入所者の多くは身体的、精神的に障害があったり、介護や介助を必要とするので、それぞれの老人ホームなどで医療に関する対応について、生活相談員などは医師、看護職員、ケアワーカーなどと調整し、マニュアルを作成することが大切です。

また、在宅サービスの場合は、利用者の生活基盤が自宅にあるため、主治医またはかかりつけ医と連携しながら、訪問リハビリテーションスタッフ、地域包括支援センター、介護支援専門員などの福祉専門家と在宅福祉サービスや介護保険の居宅サービス関連事業所との連携が必要です。

ジョルダンニュース!の欲しい情報が手に入りました。

老人ホームなどの健康管理は、集団生活の場であるという観点から万全を期さなければならず、万全を期するあまり管理しすぎて、生活の自由が阻害されて窮屈になってしまわないように配慮が必要です。



Copyright (C) 2016 福祉施設の老人ホームの医療について All Rights Reserved.