取り戻せない残業代請求は弁護士に頼む

残業代は労働者側がしっかりとした証拠を確保できていれば、そのまま金額分を請求していくことができますが、証拠が不十分であったり、退職してから未払いの残業代に気がついた時には、立証が困難になります。

明らかに残業が多かったのにも関わらず、残業代が適切に支払われていないと感じた時には、残業代請求を弁護士に一任しましょう。証拠となるものはその都度支持してくれるので、その証拠を用意して法律事務所まで行くと、残業代請求についてを弁護士が考えてくれるようになります。

多くの法律事務所で着手金無料の完全成功報酬制で手続を行っているので、正当な残業代であり証拠がしっかりと残っている場合には、請求できる確率も高くなります。万が一企業側が命令に従わない時には弁護士が訴訟をおこし、残業代請求をより強固で義務的なものにしてくれます。

今まで勤めていた会社から残業代をごまかされた場合には、その不正を正すことが大事ですから、法的手段によって解決を考えていくのも良いでしょう。残業代請求の弁護士は街の小さな法律事務所に所属しているような弁護士でも、仕事を受け付けてくれることは多いので、余りこだわらなくてもほぼすべての専門家が行える仕事です。

報酬はそこまで高くないので、今まで企業から残業代を支払ってもらうことができなかった時には、残業代請求を法律の専門家に依頼することにして、確実に働いた分のお金を取り戻すことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です