残業代請求はどうすればよいのか

会社で残業をすると、企業は実働時間分の給料を上乗せして払う必要があります。

上乗せされる給料はその額によって変わってきますが、原則として時間分を支払う義務があるのです。サービス残業などという言葉はよく耳にすることはありますが、単なる聞こえの良い違法行為であり、これらを行っている企業は原則的に処罰されます。サービス残業としてごまかされた残業代がある場合には、必ず残業代請求を行い正当な対価の支払いを促していきましょう。

残業代を支払わない企業に対して一番最初に届け出るべき場所は労働基準監督署です。労働基準監督官は労働者の告訴や申し出があった時には、それに素直に応じなければなりませんから、証拠をもとに捜査を進めていきます。悪質な場合には社内にも調査が入り、残業代請求を公的機関を通じて行えるようになります。

これで大抵の企業は支払いをしますから、残業代請求は労基署の協力が必要です。もしすぐにでも返してもらいたくなった時や、退職済みで残業代請求がしにくいという場合には、弁護士に請求依頼を代行するのが一番です。弁護士はほとんどの弁護士が残業代の請求を引き受けてくれますから、依頼者の働いた時間分のお金を法的手段を使って取り戻せるのです。

弁護士は裁判所から出た命令を企業側に突き付け支払いを促しますから、確実に返してもらえます。残業代請求は気がついた時に早めに行動に出ることが一番なので、確実に返還請求しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です