未払いの残業代請求の仕方

毎日の様に残業をしていても、それに見合った給与が支払われていないと感じる方も多く存在します。

使用者は労働基準法でも定められている通り、時間外労働には手当を支払わなければいけません。労働者は、会社側に請求も可能ですが今後の社内での立場を考えると、残業代請求を控えてしまう場合もあり退職するタイミングで実行しようと思う方もいます。

残業代請求は、いつでも行う事が出来ますが2年という時効が存在します。よって2年までは遡って請求できますが、それ以前に関しては残業代請求権が消滅してしまいます。折角のチャンスが台無しになる前に早めに行動に移すのが重要となるのです。実際に残業代請求をするには、残業した証拠を出来るだけ多く集めるのが重要です。

証拠となる資料には、タイムカードや日報、パソコンのログインやログアウトの記録など時間や作業内容が分かるものであれば、何でも構いません。これらを会社側に提出して話し合いの場を設ける事となります。素直に対応してくれるなら良いですが、反対に受け付けてくれない場合もあります。

会社側に受け入れてもらえない場合には、労働基準監督署に相談する方法もあります。この場合は、匿名で行える事もあり本人に代わって会社へ連絡を入れてくれます。弁護士と違い費用も発生しない利点もあります。

監督者が入る事は、会社側には痛手で、何らかの対応は必ずする事となります。資料を提出しても良いですし、未払いの残業代がある疑いを言うだけでも良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です