弁護士に残業代請求を依頼するメリット

残業代請求を弁護士に依頼する最大のメリットは、会社側の対応が変化するということです。

残業代請求は通常、退職後に行なうことが多いですが、請求手続きには2年間という時効があります。個人で請求を依頼しても相手にされていなかった場合でも、弁護士に依頼することで本気度が伝わり一気に会社の対応が変わる場合もあります。

また、残業代請求を全て自分で行なおうとすると、会社との交渉や書類の作成など負担が大きくなりますが、弁護士に依頼することで負担が軽くなり短時間で手続きが終わる可能性が高くなります。在職中でも請求手続きは可能ですが、会社との関係性が悪化する可能性が高く自身が居づらい環境になりがちです。

そのため、退職しても構わないという意思がある場合のみ手続きを進めることがおすすめです。万が一このまま会社に残りたいと考えている場合は、弁護士に依頼するのを諦め社内にある労働組合と話合いをするなどの方法を選択するようにしましょう。

依頼先を頼む場合も、離婚問題や刑事事件を得意とするなどそれぞれ得意分野があるため、満足がいく結果を得るためにも労働問題が得意な弁護士を探すようにしましょう。依頼するにあたって今後やり取りが多くなるため、相性も確認しておきましょう。

自分がこの人だったら大丈夫と思える事務所に依頼することが大切です。事務所によっては無料相談を行なっているところもあります。まずは相談を利用して自分と相性の良い事務所を見つけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です