未払い残業代請求における弁護士の役割

近年になって残業代請求の現場で弁護士が活躍するケースが増えてきています。

弁護士と言えば法廷で争っている裁判のイメージが強いと言えますが、その様な場に出る以前の段階で問題を調停するということも少なくありません。あくまでも裁判は最後の手段であり、そうなる前の段階で問題を解決するというのが一般的です。

残業代の請求で弁護士というのは少し大げさすぎると感じる人もいるかもしれませんが、実際に介入してもらうことによって問題の解決が大きく前進することも少なくありません。残業代請求の問題は企業側と労働者側の見解の相違が存在しているケースがほとんどですので、その問題に対して法律の専門家としての立場から介入するのが弁護士の役割となります。

一方的に相手を追い詰めるための活動をするイメージを持たれる場合もありますが、現実的には問題解決のためのあらゆる方法を模索して行動を起こしてくれるという点が大きな魅力になっています。残業代請求は個人で交渉することもできますが、会社と労働者個人では話し合いが十分に機能しないことも少なくありません。

そのため外部の法律の専門家が存在しているということが問題解決のために大きく役立つものであるということを理解しておくようにしましょう。この様な残業代請求の問題に力を借りる場合には一定の手数料を必要とする場合が少なくありませんが、手数料以上に問題の速やかな解決のために役立つというのが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です