残業代請求を弁護士に任せた方が良い理由

残業代が支払われていない、という場合、個人がとれる行動としては、直接会社に請求をして払ってもらうことや、労働基準監督署に対応をしてもらうなどの方法があります。

これでもダメな場合、労働審判、訴訟などを利用して対処していくことになります。

このように、それぞれの方法で残業代請求を行うことができますが、どれを取るべきかはそれぞれの状況によって異なってくるでしょう。

残業代請求を確実なものにするためには、弁護士に任せた方が良いです。

それぞれのメリット、デメリットを熟知していますので、どの手法を活用すればよいのかを判断できます。

弁護士に最初に相談をすれば、相談者の事情をみつつ、最適な方法を提案してくれます。

あとは、自分でそれを行うか任せるかを考えることになりますが、任せた方が良いです。

弁護士に残業代請求のことを任せた方が良い理由は、まず時間的に自分の時間を崩さなくても良いことが挙げられます。本業があるのであれば、そのために割く時間がありませんが、任せておけば、割かなくても請求をするための行動を起こしてもらえますので、時間を気にする必要がなくなります。また、知識という点でも、素人が行うとどうしてもわからないことが出てきますし、的確に主張することができなければ残業代請求をうまく成功させることができません。

弁護士であれば、経験や実績、知識があるため、残業代請求を確実に行うよう最善の努力をしてもらえて、結果的にスムーズに解決できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です