残業代請求を行うなら弁護士に相談することが得策です

投稿日:

未払い残業が会社の中で常態化していると、その企業のイメージはダウンし、メンタル疾患や体調不良による休職や退職といった問題が発生します。

さらに、最近では労基署の臨検も頻繁に行われていますから、こういった事例がその際に発覚すると、
注意指導では済まされず、是正勧告や関係者の書類送検といった事態を引き起こしかねません。

そこで、最近では企業の自浄努力の一環として、社内監査などを強化していますが、社内での監査だと詰めが甘くなってしまうのが実態です。

こういった状況下において増えているのが、会社を相手取って残業代請求にかかる労働審判や訴訟を起こすといった事案です。

もちろん、いきなり労働審判などに訴えた訳ではなく、何度か会社と交渉した結果、会社側から誠意のある対応が得られなかった場合、弁護士に相談して労働審判や訴訟に至ったケースがほとんどです。

一度、こういった問題が公になると、企業イメージは損なわれますから、新規採用を募集しても人が集まらないと言ったことにもなってしまいます。

したがって、労働審判や訴訟は最後の手段としても、残業代請求は労働者の権利でもあるわけですから、疑義がある場合には会社に申し出るとともに、交渉対応は弁護士に任せる方法もあります。

残業請求など労働問題に強い弁護士事務所においては、無料相談窓口を開設していますから、まずはこういった窓口を活用して、相談するのが得策です。

残業代請求は弁護士にかかる様々な問題を解決していることから、きっと最良の解決策を提案してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です