残業代請求を弁護士に依頼するメリットとは

投稿日:

未払い残業代を請求する時は弁護士に依頼して行わなくてはいけない訳ではありません。

しかし未払いの残業代を使用者に請求した場合は何らかの理由をつけて拒否してくる事が多いです。

そこで法的な根拠を下に反論できなければ交渉は上手くいきません。このような状況になった時は素人だけで交渉するよりも法律の専門家にサポートしてもらった方が話が上手く進みやすいです。

交渉が不調に終わって裁判に移行した場合も必ずしも弁護士に依頼しないといけない訳ではないですが、知識も経験もない人が裁判を一人で進めるのは非常に難しいので専門家に依頼するべきです。

残業代請求をする時は時間外労働があった事を証明できる証拠がなければいけません。

タイムカードの記録や社内メールの記録などがそれにあたりますが、それを整理してまとめなくてはいけません。そういった必要な資料の整理も弁護士に手伝ってもらえるのも依頼した時のメリットと言えます。

残業代請求は司法書士に依頼する事もできますが、司法書士に依頼した場合は平均的に費用が安いものの制約があります。

司法書士には簡易裁判の訴訟代理権しか認められていないので、残業代請求額が140万円を超えた場合などは本人が出頭しなくてはなりません。

それと比べて弁護士の場合は全ての訴訟に関する訴訟代理権が与えられているので、請求金額などを気にせずに安心して任せられます。弁護士によって費用には差があるので、いくつの事務所を回って相談して比較した上で選ぶと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です